体外授精(体外受精)の確率009

体外授精の確率について記しています
マカロン
ナポレオン
HOME

体外受精と不妊治療について不妊


体外受精と不妊治療について

不妊症は夫婦にとって大きな悩みの一つでしょう。

特に、結婚して子供を沢山欲しいと考えている方には辛いものです。

そして高齢になるほど出産時のリスクが高まるので、不妊の期間が長く続くと不安や焦りが強くなっていきます。

そうした悩みを抱えている人のためにあるのが不妊治療です。

不妊治療にはいくつか種類がありますが、代表的なものは体外受精です。

体外受精とは文字通り女性の卵子を体外に取り出し、そこで男性の精子を受精させて女性の体内に戻す方法です。

こうして体外でできた受精卵は子宮に着床していきます。

体外受精は重度男性不妊や卵管性不妊などにより体外受精でしか妊娠できない場合によく行われます。

基本的な流れとしては、まず卵巣刺激が行われます。

これは卵子を成熟させて採卵するのに必要で、ホルモン薬を使用しながら排卵をコントロールします。

使用する薬の種類などは患者の状態によって調整します。

そして、次に採卵と採精が行われます。

排卵日の直前に卵子を体外に取り出し、同時に精子も採取しておきます。

これで受精の準備は終わりです。

ここから受精させるのですが、受精の方法には2通りあります。

1つ目はシャーレの上で卵子と精子を出会わせる方法です。

この方法では、精子が自分で卵子に進入することで受精が起こります。

2つ目は顕微受精という方法です。

これは顕微鏡を見ながら卵子に精子を注入することで受精が起こります。

こちらは男性不妊の場合によく用いられる方法です。

受精の次は胚培養が行われます。

細胞分裂を開始した受精卵は「胚」と呼ばれ、専用の培養液で培養されます。

培養期間は通常2〜5日程度です。

そして、その後に胚移植が行われ、受精卵は女性の体内に戻されます。

妊娠判定は胚移植から約2週間後に行われ、ここで妊娠が確認できれば不妊治療は終わりです。

最後に、不妊治療にかかる費用について説明します。

不妊治療は自由診療なので健康保険が適用されません。

つまり、自費扱いになるので費用もそれなりにかかります。

費用の相場としては50〜60万円くらいですが、クリニックや患者の状態によってかなり変わってきます。

というのも、人によって行う検査や適用できる薬が違ってくるからです。

また、事前のカウンセリングで説明を受けた費用と実際にかかった費用に大きな違いが表れることもよくあります。

なので、体外受精を希望する場合は少し費用に余裕を持たせておくと良いでしょう。



体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、
道

メニュー


Copyright (C) 2014 体外授精(体外受精)の確率009 All Rights Reserved.